旅行好きなミニマリストのブログ

旅行好きなミニマリストです。日常のことや、旅行、ペットのウサギのことなどを綴ります。整理収納アドバイザー2級。ボランティアでライターやってます。

写真はデータ化!でも、データ破損には気をつけて!!

こんにちは、らびです(*´ω`*)

だんだん暑くなってきましたね。

皆さん、いかがお過ごしですか??

 

ミニマリストの皆さんの中には、写真をデータ化される方も多いと思います。

今日は、写真をデータ化するにあたって、皆さんにお伝えしたいことがあります!!

私の失敗談をふまえたもので、とっても重要なお話になります(>_<)

皆さんの今後にお役に立てればと思いますので、ぜひ最後までお付き合い下さい(._.)

それは、データ化したデータの、バックアップの方法についてです!!

 

結論からお伝えすると、このバックアップの方法が間違っていたために、うちでは過去5年分の写真データが全て消えてしまいました(;_;)

夫と付き合い始めてすぐの頃~5年間分です。付き合ってから今年で11年になるので、約半分の思い出が永久に失われました(;_;)

 

 

うちでは、モノの量を減らすために、数年前からコツコツと、印刷した写真をスキャナーで読み込んだり、デジカメのデータをパソコンに取り込んで、時系列で写真を整理していました。

そして、一度取り込んだ元データ(印刷した写真やデジカメのデータなど)はきれいに削除していました。

 

私は、取り込んだデータを直接パソコンに入れるのではなく、SDカード(1枚目)に入れていました。

そして、そのデータを別のSDカード(2枚目)にバックアップをとって保管していました。

つまり、データは2枚のSDカード内にのみ保管されていたのです。

 

ところが、その1枚目のSDカードが壊れてしまったのです。

そして、一部のデータが欠けていることに気づかないまま、2枚目のSDカードにバックアップとしてコピーしてしまいました(>_<)

データの一部が欠けていることに気づいたのは、数ヶ月後でした。

 

こういうのは、データが失われたことに気づいた時点で、出来る限り早く復旧に取り組む必要があります。

データは常に上書きをされてしまい、例えばパソコンを立ち上げただけでもデータは上書きされます。

そして、上書きされればされるほど、データを取り出して復旧する作業の難易度があがるそうです。

 

私はデータが失われたことに気づいた時点で、すぐに復旧の方法を調べました。

そして、自分では復旧作業を行うのはやめて、最初からセキュリティがばっちりと謳っている復旧業者さんに依頼することに決めました。

「デジタルデータリカバリー」

 https://www.tokyodatarecovery.com/entrance/sp_1603datarecovery.html?gclid=CJCaoLX1xNQCFdgmvQodGPgBSg

 

電話で症状と経緯を伝え、すぐにSDカードを送りました。

到着後、業者さんがSDカードの状態を調べて見積もりの連絡をくれる手順になっています。

 

症状の程度によって金額は変わるらしいのですが、うちの場合はかなり重症だったらしく、見積もりでは約10~20万かかると言われました。

成功報酬なので、例えば写真が100%復旧できたら20万円、50%ならそれに応じた割合で金額が決まるとのことでした。

 (セキュリティ重視で選んだので、金額は高めの業者さんです)

 

でも、結局SDカードでは、壊れたデータは復旧できませんでした。

原因としてはSDカード自体(1枚目)が古く、パソコンから出し入れも頻繁にしていたため、データを書き込んでる部分自体が壊れてしまったことでした。

 

SDカード自体は確かに古く、おそらく10年近く使っていました(>_<)

まさか、壊れる日がくるなんて思いもしなかったのです…

 

私はどうしてもあきらめきれず、再度業者さんに相談し、古いノートパソコンも持ち込んで見てもらいました。

 

このノートパソコンは、前に使っていたもので、SDカードからSDカードへバックアップをとるときに、一度パソコンのデスクトップにデータを貼り付けていたのです。

そして、そのデータはゴミ箱に入れ、ゴミ箱を空にしていました。

だからゴミ箱から復旧できるかもしれない可能性にかけたのです。

 

ところが、復旧担当の方にかなり詳しく見ていただいたのですが、こちらも復旧の見込みは薄いとの結論でした。

原因としては、時間が経ちすぎてしまってデータの上書きがされすぎてしまっていることと、パソコンが重いからと自分で何度もクリーンアップをしてしまっていたことでした(>_<)

 

ショックでした。

写真はほんとうに大切なもので、お金はいくらかかっても良いから取り戻したかったです。

業者さんも、一円にもならなかったうちのために一生懸命、そして丁寧に対応して下さいました。だから、復旧できなかったことは残念だけど、業者さんに不満とかはないです(о´∀`о)

 

以上のことから、反省点です!!!

パソコンなどに詳しい人にとっては当たり前なことなのかもしれませんが、私は無知で失敗したので…(;_;)

 

 ①バックアップは、SDカードのみなどにしない。必ず新しいハードディスクにもデータを保管する。(ハードディスクの方が壊れにくい)

SDカードやUSBメモリなどにも保管する場合は、使用年数に気をつける。

 

②万が一のデータの破損に早く気づくため、バックアップしたデータの中身を必ずその都度確認する

(うちはこれを怠ってしまい、データ破損した時点から時間が経ちすぎてしまいました)

 

③データ破損に気づいたら、すぐに復旧業者に依頼する。早ければ早い方が、データの上書き回数が少なくなり、復旧の可能性が上がります。

(データ復旧のソフトなどもあるようです)

 

④万が一のことを考え、ほんとうに大事なデータの元データ(印刷した写真やデジカメのデータなど)は、処分せずに残しておく。

うちでは、亡くなったウサギ君🐰の写真だけは、スマホやデジカメの中に残してあります。

 

たいていのモノは間違って処分しても、買い直したりすることができます。

でも、思い出の写真はどこにも売っていません(>_<)

写真のデータ化は便利ですが、気をつけないといけないこともたくさんあるなと痛感したできごとでした。

 

皆さんは、私のような情けない失敗はしないと思いますが、これから写真などをデータ化しようとしている方は、ぜひ色々気をつけてやってみてくださいね♪

この記事が、皆さんのお役に立てれば幸いです(。・ω・。)❤️

 

 

 

 

↓ブログ村ランキングに参加しています♪

 


にほんブログ村

↓ブログ村ランキングに参加しています♪


にほんブログ村